アミボイスVSドラゴンスピーチ対決!音声認識ソフトの特徴比較

a0001_016825

 

 

h4ライター仕事におすすめの音声テキスト化ソフト

 

 

普段ライターの仕事をしている方なら痛いほどわかると思いますが、パソコンのキーボードをひたすら打ち続けるのはとにかく大変なことです。

 

私も、「記事作成」のお仕事をしているのですが、10記事目を作成するあたりから指が悲鳴を上げます。
パソコンのキーボードを打つ作業はずっと同じ体制ですし、それに指を酷使するのですから体に悪いことこのうえないですね。

 

ですが、そんな悩みを解決してくれるソフトがあるというのをご存知ですか?
それは「音声テキスト化ソフト」を使うという方法です。

 

音声テキスト化ソフトとは名前の通りマイクに向かってしゃべった言葉がそのままパソコンに入力されていくというもの。

 

でも上手く聞き取れなかったりしてかえって作業の効率が悪くなるんじゃ・・・」と不安に思う方もいるかもしれませんが最近の音声テキスト化ソフトの性能は格段にアップしています。
ただ普段通りにしゃべっていればパソコンに入力されますし、最後に誤字脱字を見直せば作業スピードが大幅にアップしますよね。

 

この音声テキスト化ソフトですが、シェアを占めているのが「AmiVoice」と「ドラゴンスピーチ」の二つです。

 

どちらがいいのか迷うところですが、AmiVoiceの良さは「ソフトの軽さ」、ドラゴンスピーチは「ソフトの能力の高さ」ですね。

 

ノートパソコンのようなあまり重いソフトに向いていない場合は「アミボイス」を、パソコンのスペックは高いのでとにかく性能が良い方が欲しいという場合は「ドラゴンスピーチ」をおすすめします。